読書の夏

2017/11/12

花火の写真はむずかしいですね・・・。 夏も終りだなってさびしくなります・・・が、今日はそんなさびしさを吹き飛ばす猛暑で・・・秋よ、コイコイ。 今日は少し書き物とか読書していました。 独立してからはヒマなのでたくさんの本を読み、いろいろな世界の方々と出会いました。おかげで、わたしのせまい視野が少しだけ広がって、知識もちょっとは増えた気がします。若い頃はなんて視野が狭かったのでしょう、お恥ずかしい。内的なイメージとか内的な世界は、どのくらいその人の世界を構築しているのでしょうか?その程度はきっと人によることでしょう。わたしなんて想像力だけで生きてゆける気もしますが・・・そんなことを考えました。 帰りは、ふだん東急を使うべきところを、JRを使って帰宅しました。 最近ぜんぜん電車に乗らないので、電車が楽しく感じました。読書しつつ、もっと乗っていたい気持ちでした。 車掌さんはキビキビとしていて、素敵で・・・・このグレイの半袖も、腕も、秋が来ると落ち葉の海に隠れてしまうのですね。 車掌の見ている世界は、あたりまえのようにわたしの見ている世界とは異なっており、乗客の佃煮、乗客の甘露煮、車掌が分類し統合し分解してはまた統合するさまが感じられました、わたしの目には車掌の手袋の白が何か文字を描いているようです、想像力だけで生きてゆきます。 東急の大井町線などというノンビリした路線で人身事故があり、珍しいなあと思いました。ふだんアナウンスしない駅名なのか、ト・ト・ト・トトドロキで人身事故!って駅員さんがドモっておりましたよ。 とどろき・おどろき・桃の木!! USBケーブルを買いました。 カラフルで素敵だな~と、ついつい。 ケンゴさんに書いている曲(プレタポルコ組曲)は、完成まであと一歩というところまできました。明日仮歌を入れます。イベントまでちょうど一ヶ月、ちょっとずつ準備に気合を入れたいと思います。 ♪