ということで11/14〜16で開催されたLL温泉湯布院に行ってきた。

「なんでプリンタ屋がLLやねん?」という問いに対してはライトニングトークしようと思ったらパソコンの調子が悪くて没になった資料に書いておいたので興味がある方はどぞ。


ていうか今回は Python 習得のためってことで行って、チュートリアルは非常にためになったんだけど、それよりも tokuhirom さんのお話を横から聞いたり昨日の夜中にいろいろ話したりして、Perl に対する見方がすごく変わったことが大きい。

いや、Perl に対して「なんでも好きなようにかけてしまうので、レベルの低いプログラマに与えると危険な言語」という見方はあんまり変わっていないのだけど、モジュールとかでそういうのを隠蔽して、「お前らこういう書き方でやれ!」ってことができるんだなって思った。モジュールレベルで文法バリバリ書き換えられちゃうのはすげーよな、ホントに。

そういう道具立てを作る Larry もすごければ、用意した道具立てを越えてハックしちゃってモジュール作っちゃう奴もすごい。そしてそういうのをアンテナ立ててキャッチしちゃう力もすごい。
Perl 界ってやっぱすごい奴がいるんだなって思った。
まあ、好き嫌いで言えばまだ嫌いだけど (笑)。

上の話の参考資料。

ひとまず感想レベルでゴメン。これも後日加筆予定。