肘頭窩インピンジメント(ちゅうとうかいんぴんじめんと)
肘の後方が痛むタイプの野球肘:肘頭窩インピンジメント、肘頭部疲労骨折、肘頭部骨端線離開|よくある症状・疾患|札幌スポーツクリニック|札幌市中央区の整形外科・内科・リハビリ科

■どうしたら治るのか
肘の痛みが強い場合には投球を一時休止して安静に努めます。
肘を必要以上に反らせないようなフォームに修正し、腕の筋力トレーニング(特に上腕二頭筋:力こぶができる部分の筋肉)と、肘から肩にかけてのストレッチを積極的に行います。

少年野球のピッチャーに出やすいとあるが、中年までまともに運動をした事が無かったダーツプレイヤーにも出た。しばらく安静の為、左腕でダーツを投げる。昨日は初左ダーツでカウントアップ428点。

バンテリンゲルもいいよと聞いたので導入する。